マドンナカフェ

マドンナカフェ
 
  
交流会のご案内

家族支援を考える会

   マドンナカフェ参加者募集
   


   
~発達障がいを持つ子供さんのご家族へ~
   


   
未来へつなげるために今できることを一緒に考えませんか?



   日時:2017年7月30日(13:00~16:00


   会場:福山すこやかセンター 3F研修室

       
       
福山市三吉町南二丁目11-22

  
内容:ワークショップ(参加体験型、グループトーク、意見交流

  
会費:無料

  定員:20名様(申し込み順 定員になり次第締め切ります)


   
申し込み:090‐8714‐6330(柴田)


    今年度定期開催の予定です。今回参加できない方もお問い合わせください。
    

    発達障がいを持つ子供さんのご家族の支援を目的としております。


    企業様の研修目的の参加はお断りします


    託児はございません。また、会の運営上、子供さん同伴もご遠慮下さい


  ◆今後の開催


    827()910()時間…13時~16







今まで、どこに相談しても解決できず悩んでいた方も、経験者ならではの
解決策はあります。一人で悩まずにフリマドンナにふらりと立ち寄るくらい
の軽い気持ちで来てください。先輩たちのアドバイスや共感できる内容で
ココロが楽になることもありま
す。

子育ての悩みは人それぞれ。違っているからこそ参考になるもの!
だけどなかなか聴けるチャンスはありません。

前向きに子育てをしている女性はキラリ✩と光る何かを必ず持っています。
『聴ける!泣ける!笑える!』心の声をお届けします!





マドンナカフェ開催しました!
 

 
第1回 2016年6月27日(土) 10:00~12:00
  
講師:山迫展子先生(元小学校教諭・言語聴覚士・フリマドンナオブザーバー)

フリマドンナオブザーバー 山迫展子先生を迎えて、お茶を飲みながらリラックスできる空間でのフリートークを行いました

<当日の相談>

マドンナカフェでは、事前に相談を受け付けました。今回は二件の相談を参加者と一緒に考えてみました。

 

ケース① 中学一年生 男子 支援学級在籍
 

転校により福山市にきてすぐは、支援学級にも登校できていたが、このところ 学級に入ることができなくなり別室に母親と30分ほど過ごして下校している。

この先が不安。


 

参加者からの声

 

登校出来ているのは子どもさんも、お母さんもとても頑張っていると思う。

でも、頑張らなくてもいいのではないか?
 

何が一番不安なのかを考えてみる。

学校に行くことが全てではない。

学習が遅れる事が不安なら個人の塾や、児童デイサービスなどを利用してみてはどうか。

 

ケース② 小学五年生 女子 支援学級在籍

コミュニケーションがとれず、学校にも友達にも馴染めず不登校になり家にいるが、母親と2人暮らしなので、家族の支援は受けられない。

母親が仕事に出かけると1人になり家での過ごし方が不安。

この先もとても不安。



 

参加者からの声

 

家族がいてもなかなか支援を受けられない人もいる。

 

子どもの力を信じてみてはどうか。

危険性がないのなら少しの不安はつきもの。

それよりも成長する道と考えて、家のお手伝いなどをお小遣い制にしてみては?


 


2017年度 







マドンナカフェでは皆さんからの質問や相談を受け付けています。
マドンナカフェ開催日の7日前までにメールにて相談したいことなど
ありましたらお寄せください



   詳しくは事務局に   お問い合わせ下さい